TBAP Management Team

- Advisors

Takashi Kiyoizumi, MD, PhD, SM​

米国サンディエゴ在住のエンジェル投資家・起業家。認定形成外科医として医療に従事した後に渡米。複数のボストンの医薬品ベンチャーにて事業開発・戦略企画担当の副社長を歴任した後、田辺三菱製薬の米国法人の社長に就任。2001年にはMediciNova, Inc.をスピンオフにより創立しCEOを務め、2005年に株式上場させた。
  • M.D. and Ph.D. from Keio University School of Medicine
  • MBA from Sloan School of Management at MIT

鈴木 貞史​ MBA

40年超のビジネスキャリアを通して、ヘルスケア・ライフサイエンスビジネスにおける国内外での企業経営を経験。協和発酵、Baxter、日本Alconの他、Affymetrix Japan、Bio-Rad Laboratories、Cepheidでは日本法人代表を務める。医薬品、医療機器、臨床診断機器試薬、研究支援ツールなどに関連する内外市場展開の豊富な経験を有する。現在、ベルギー本拠のVC、Newton Biocapital の日本代表。
  • MBA from Kellogg School at Northwestern Univ.

- TBAP事務局

岡野 浩之

日本長期信用銀行にて外債ポートフォリオマネジャー、市場業務企画を経験。99年10月より野村アセットマネジメント㈱にて投資顧問部門の外債ポートフォリオマネジャー。01年AIFAM Group入社後、11年までNYにてファンド分析、投資Due Diligence、新規ビジネス立ち上げ業務などに従事。12年よりAIFAM Asset Management(日本)に異動。20年からTBAPの事務局を担当。
  • 早稲田大学 法学部卒 日本証券アナリスト協会検定会員

TBAP Supporters

小栁 智義, PhD

筑波大学医学医療系教授、つくば臨床医学研究開発機構 TR推進・教育センター長。大学発ベンチャーを通じたライフサイエンス分野の基礎技術の実用化、商業化に取り組む。スタンフォード大学医学部での博士研究員時代にベンチャー起業を通じた研究成果の事業化に接し、帰国後は多国籍企業での営業/マーケティング、創薬、再生医療ベンチャーでの事業開発職を歴任。京都大学医学領域の産学連携業務に従事し、複数のスタートアップ企業組成に関わった後、2018年より現職。京都大学病院クリニカルバイオリソースセンター研究員を兼務。
  • PhD from Osaka University School of Science

二見 崇史, PhD

山之内製薬(現アステラス製薬)入社後、癌や生活習慣病領域において標的探索からIND創製までの一連の創薬研究。米国でのCorporate Venture Capital業務、Open Innovation推進を担当後、本社経営企画業務に従事。 現在、国内VCにてベンチャーキャピタリスト。
  • MS in Chemistry and Biotechnology from The University of Tokyo
  • PhD in Life Science Innovation from University of Tsukuba

黒田 垂歩, PhD

グローバル製薬企業のScience & Tech Hubシニアディレクター。博士課程終了後、理化学研究所・Dana-Farber Cancer Institute / Harvard Medical School・三重大学医学部でアカデミアの研究者として計10年間、抗がん剤開発や皮膚疾患の基礎研究に従事。その後、バイエル薬品オープンイノベーションセンターのアライアンスマネージャーに着任し、アカデミア・スタートアップと製薬企業との協業をベースとした新薬創出プロジェクトをリード。2019年より現職。
  • B.A. and Ph.D. in Pharmaceutical sciences from Hokkaido University

Reviewers​

水井 佳治 PhD​​

President of Eisai Innovation, Inc. & Head of Cambridge office
20年超に亘り創薬研究に携わる。2019年より米国Bostonに設立されたEisai Innovationの代表。それ以前は、エーザイ(株)オンコロジービジネスグループのストラテジー部長(兼)戦略推進グループ長。また2016年まではがん治療薬の創出・開発を目的に米国Massachusetts州Cambridgeに設立されたH3 Biomedicineの創設メンバーとしてがん治療薬開発をリードした。
  • 九州大学大学院農学部農芸化学科修士課程修了(農学博士)

森 文隆 PhD

大鵬イノベーションズ, パートナー
2003年、大鵬薬品に入社し、創薬研究に従事。その後、創薬企画部門にて、シーズ探索や創薬基盤構築のため大学やベンチャー企業との共同研究推進、アーリーステージアセットの導入評価、ポートフォリオ戦略策定をリード。15年にRemiges Ventures(独立系VC)に出向。米国Bostonを拠点に創薬ベンチャー投資を担当。2019年、大鵬イノベーションズ設立と同時に同社パートナーに就任。
  • 静岡県立大学大学院薬学研究科修了(薬学博士)

Justin Klein, MD, JD

Justin Klein, MD, JD is a co-founder and Managing Partner at Vensana Capital. Justin was previously a partner and leader of the medical technology investing practice at NEA, one of the largest and most active venture capital firms in the world. Justin also worked at the Duke University Health System where his experience included roles in strategy, finance and operations as Duke built one of the nation’s first integrated healthcare delivery systems. Justin currently serves as a member of the Board of Directors of the Medical Device Manufacturers Association and that of AdvaMed Accel, where he is the Chair of its MedTech Investment Working Group. Justin graduated with an AB in Economics, a BS in Biological Anthropology & Anatomy, and a Minor in Chemistry from Duke University. He also concurrently earned his MD from the Duke University School of Medicine and his JD from Harvard Law School.

Marc Martin-Casas, PhD

Marc joined Illumina Accelerator in 2019, where he manages seed investments and venture development in the genomic and precision medicine spaces. Previously, Marc led Biotech Connection – Bay Area, an incorporated nonprofit that accelerates innovation and development for biotech startups and big pharma by bringing together academic scientists, entrepreneurs, and investors. Prior to that, Marc was on the investment team at Lam Research Capital, where he sourced and performed diligence on life science investment opportunities. Marc earned his Ph.D. in Computational Biology from the University of California, Berkeley, where he focused on the development of novel tools to characterize, model, and predict heterogeneous behavior in cell populations and other complex biochemical systems.

Takuma Aoyama, MBA

Mr. Aoyama is the founder of AIFAM Group, a global investment management company. AIFAM currently manages $700 million in on a discretionary basis. Mr. Aoyama is responsible for overall investment strategy across hedge funds to private equity and venture capital. Prior to founding AIFAM, Mr. Aoyama was at UBS Global Asset Management in Chicago and Long-Term Credit Bank of Japan.
  • MBA from University of Chicago

安達 竜太郎 PhD

エーザイ株式会社 コーポレートベンチャーインベストメント部ディレクター
2004年、武田薬品工業(株)に入社し、13年に亘り創薬研究に携わる。2017年からベンチャーキャピタルにて技術系スタートアップに対するプリンシパル投資やファンド活動に従事。2020年にエーザイ(株)に入社し現職。バイオテックやデジタルヘルスのスタートアップに対するグローバルでのストラテジックな投資活動に従事。
  • 大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了
  • 筑波大学大学院生命環境科学研究科博士後期課程修了(生物科学博士)